2006年08月30日

FLYING POSTMAN LIVE vol.12 ライブレポ

O.A.
ねぐりぢぇ
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=negurijj

前座として2曲だけの演奏だが非常に素晴らしい仕事をした。
客層は若年層が大半を占めていたが前座に対してノッている風景を見て微笑ましく感じる。
THE★SCANTYをゴリゴリにしたようなギャルバン。
ベースの子がチャットモンチーのベースより可愛いので足を運ぶ価値は存分にある。技術は抜きだ!



THE LOCAL ART
http://www.thelocalart.com/

ドラムボーカルのバンド。
バンアパだけを楽しみに行ったのに仕事の為途中で帰るハメになった呪いのイベント、RUSHBALL2004プレプレ(野音)でも見たのを思い出す。

歌は、中音域から下が何を言っているのか全く分からないのでよく分からない。
ノリで聞き流せるような作りでもないので「前座の仕事を潰してくれてありがとう」というのが正直な感想。

MCでは「君たちは今日タダで僕らを観れるんだから」という内容の発言を連発。
どうしてタダなのか、どうしてタダでできるのか、ではTHE LOCAL ARTは何をすべきなのかという流れを理解しないといけない。まるでだめお。
最後に演奏したちょっと聞いた事がある程度の曲はとても気合が入っていたのが分かるが、その分最初らへんが手抜きしまくりに聞こえた。どうもこの「終わりよければ〜」系の組み立ては気に入らない。
っていうかrumania montevideoと同じで「ドラムボーカル」以外特に印象が残らない。
C-C-Bでもフィーチャリングして散るか(スタジオで)!。
MiRAI
NEIRO
KOTODAMA



NIRGILIS
http://www.nirgilis.com/

アッチュがノーブラで登場(多分)。アツすぎ。

「マッシュアップって知ってる?」と軽く言い流し、MadonnaのLike A Virgin(多分)とNirvanaのSmells Like Teen Spiritのマッシュアップを披露。多分こんなやつ使ってると思うんですが、Thom Yorkeみたいでよくないですか。そうですか。ベースがオリジナルなのかどうかは不明。

sakuraの中盤からはUnderworldのBorn Slippyをマッシュアップ。
歌ってるから余計たまらん!175Rが後ほど言ってた「なんばHatchをディスコにしようぜー!」がここで出てたらなぁ、と。

「また観たい」と思わせてくれるステキなアーティスト。
また、ドラムの稲寺佑紀がとてもかわいいので足を運ぶ価値は十二分にある。
ニルギリスなら大黒摩季System of a Downを混ぜてくれるかもしれない。
ただしアッチュの高音域の出し方はどうも危険に見えてならない。
24サーチライト
sakura
交響詩篇エウレカセブン ORIGINAL SOUNDTRACK 2



UVERworld
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/uverworld/

初めて見た。聴いた。全然知らない。事後だがドラマ「ダンドリ」の主題歌を取っており、既に人気者らしい。
FANATIC◇CRISISがオレンジレンジのライブパフォーマンスでLimp Bizkitをやっているような音。
最初はナメてかかってたけど、楽曲もしっかりしてて上手い。

・オレンジレンジの後続を探している
・オレンジレンジにハードコアを加えた音が欲しい
・刺青の入った外人のゴリゴリ音なんか聞きたくない
・面食いですが何か?ボーイズラブ命
という方には是非オススメしたい。

私はオレンジレンジを生で観たことはないが、あらゆる角度から見てクオリティはそれよりも高いと思う。「音が太いだけじゃん。バカじゃないの」という表現もできるがキメが多いのも純粋に楽しい。相当練習しているだろう。客はUVERworldの曲を聴いていればいるほど楽しめるし、聴いていなくても楽しめる。それって、評価できるエンターテイメントやん。
ボーカルと上座のギターもルックス強め一杯なので、「脱ビジュアル系」には最適のバンドだろう。
SHAMROCK (初回限定盤)(DVD付)
Timeless
Colors of the Heart



175R
http://www.175r.com/175days/index.html

今までピクリともしなかったSTUSSYのハット右斜め45度その他が中央前方を支配。
UVERworldメインのおよそ30%はボチボチ帰宅。

とりあえず、マスター上げすぎ。うるさい。贔屓になってない。
ざっと見ただけで4〜5人は耳を塞いでいた。内二人は途中帰宅。

当たり前といえば当たり前だが今回の面子では一番しっかりした音を出しており、客ノリ・客ノセもダントツ。
「知名度ありき」といえばそれまでだが、皮肉にもメジャーのクオリティを体感。175Rはプロのミュージシャンらしい。
CLUTCH (CCCD)
CRIMSON SQUARE
ダズリングスープ/シルク


まとめ、その後
FM大阪の方で雅の公開放送か何かあったんが気になった。
2階席「関係者限定」とか聞いてないって!OSM限定か!むっちゃテンション下がったし足痛い。
薩摩っ子ラーメンの850円という価格設定に疑問を抱いた後、小雨の中、帰宅。


FLYING POSTMAN LIVE vol.13 supported by FM802
公演日 : 2006/11/22(水) なんばHatch
開場:17:30 / 開演:18:30
FM802モバイルサイトにて700組1400人招待
問い合わせ先:FM802リスナーセンター TEL:06-6354-8020(月-金10:00〜18:00)
出演:YUI / 松田亮二ほか


関連記事
(03/01)NIRGILIS / sakura
(08/22) FLYING POSTMAN LIVE supported by FM802 当選

この記事へのコメント
コメントを頂けると嬉しいです。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できないそうです。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。