2006年08月19日

t.A.T.u. / All the Things She Said ~t.A.T.u. THE BEST



旧ソビエト連邦国民のゴールドラッシュプロジェクト兵器t.A.T.u.が「密漁と合祀に制裁を」という左寄りな理由かどうかは分からないが18日深夜、名古屋市のライブハウスHOLIDAYで予定していたライブを土断場でキャンセルした。

HOLIDAYはこの日、「ロシアンナイト」と題して、22時頃からタトゥーをゲストに迎えた特別ステージを用意。事前告知もしていた。30分たってもt.A.T.u.の二人は現れず、23時過ぎに「タトゥーは諸事情のため別のクラブに行きました」という場内アナウンスが流された。

関係者の説明によると、2人は会場前まで車で来ていながら、収容人数300人のハコに50人しか客がいないことを知り、出番直前になって「客の集まりが悪い」などを理由に出演中止を申し入れ、そのまま帰ってしまったという。ファンは「楽しみにしてたのに何も改心していない。それにミッシェルはもう解散している。誰がこの突然空いた穴を埋めるんだ」と嘆いたかどうかは依然不明だ。

2人は9/20に発売される初ライブDVD「トゥルース ~ライブ・イン・サンクトペテルブルグ~のプロモーションのため15日に来日しており、16日に東京・池袋でライブイベントを行った。

しおらしい表情で、「日本に来られて本当にうれしい。日本にはファンがいっぱいいるし楽しい。日本はいいことばっかり」と声を揃え、報道陣から「今回もお騒がせ騒動は?」という質問が飛ぶと、エレーナ・セルゲーエヴナ・カーチナ(21:Елена Сергеевна Катина (Lena Katina))は「起こってもいいことや楽しいことばかりです。詳細?まだ、分からない。それは予測できないですから」とニヤリ。ユーリヤ・オレーゴヴナ・ヴォルコヴァ(21:Юлия Олеговна Волкова (Julia Volkova))は「迷惑をかけたことはもう忘れましょう。過去のことです」。

日本側のマネジメント担当者は「前回来日時のスタッフは全員降ろし、黒幕のプロデューサーイワン・ニコラエヴィッチ・シャポヴァロフ (Иван Николаевич Шаповалов)も切った。音楽一本で頑張る彼女達の本当の姿を見てほしい」と強調。会場では撮影タイムが設けられ、セクシーな立ちバックポーズのサービスもあった。ちなみにテレビ朝日は欠席していた。

t.A.T.u.がブレイクしたのは3年前。レズビアン風のPVや街頭ゲリラライブなどで話題を呼んだが、2003年6月ミュージックステーションでのドタキャンがきっかけとなり知名度が飛躍的に向上。日本のお茶の間にThee michelle gun elephantの魅力を伝え、自らが得意としたイメージ先行型ビジネスに終止符を打った。

横浜(20日)、札幌(21日)で行われるイベントに参加し、23日に帰国する予定。また、Holiday現場スタッフによる今回のドタキャンに対する私の見解によると、「バンドメンバーがスタート直前ライヴ・スタンバイを完了し、楽しそうで何一つ問題はありませんでした。」「お客様が入る場合、入らない場合もありますが招聘元の判断でライヴの実行は決められてしまいます。 アーティストは招聘元に言われただけでやめたことはわかります。 だってt.A.T.uメンバーはステージにいたのですから。 」とのこと。

外交に配慮がなされた強力な情報の歪曲なのか、自己フォローお涙頂戴の流布なのか、私達は乱れ飛ぶ情報を適切に処理しなければならない。

t.A.T.u. オフィシャルウェブサイト

2006/9/20発売。
トゥルース ~ライブ・イン・サンクトペテルブルグ~
All the Things She Said ~t.A.T.u.ザ・ベスト(DVD付)

この記事へのコメント
コメントを頂けると嬉しいです。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できないそうです。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。